超次元共闘の「地雷」プレイヤーとはどんな人か?

あまり良い言葉ではないのですが超次元共闘でたまに話題になる「地雷プレイヤー」について考察していきます。良い意味で動き方などのヒントになるかもしれない。

超次元共闘の「地雷」プレイヤーとはどんな人か?

不利属性・非有利属性での参戦

超次元共闘は各難易度で敵キャラクターの下に有利属性が表示されているのでしっかりとチェックしましょう。個人的には上級は有利属性で中級・初級はレベル5000なら気にする必要はないかなぁと思います。

シールドありの時にライジングラッシュ

シールドがある状態の敵にライジングラッシュを使用してもダメージをほとんど当てる事ができません。また、あまり早くシールドを削りすぎても相手の準備が整っていない可能性も高く、嫌がられる要因となります。

シールドありの時に必殺アーツ

これも上記のライジングラッシュと同じです。キャラによっては必殺アーツの威力がかなり高くダメージソースとしての貢献度が高い事がある。特殊アーツやメインアビリティとの相性も考えシールド破壊後にしっかりと使いたい。

タイミングの悪い特殊アーツ・メインアビリティ

特殊やメインアビリティは様々な効果があるので一概にこうだと言える事はないですが、威力を上げる与ダメージアップ系などもシールド破壊後、または直前などに使用していきたい。ダメージに目に見えて差が出ます。

弱いキャラと勘違いしての突然の切断

超次元共闘ではネイルやシサミなどのレアリティEX(SPの下)のキャラクターも活躍しています。EXのキャラを使用していると、それだけで切断されてしまう事も多い。すぐに切断せずに弱そうなキャラでも一度様子を見るくらいが良いでしょう。

ドラゴンボールは子供もプレイしている事を忘れずに

最後に。ドラゴンボールレジェンズは「ドラゴンボール」なので当然多くの子供もプレイしています。子供は直感的に使いたいキャラなどを使用するので大人のように効率的なプレイはできないでしょう。なのであまり過度に熱くならずにまったりとプレイしたい。

初心者の質問・サイトへの要望・暇つぶしの雑談などご自由に。匿名も大歓迎!!

コメントを残す

3件のコメント

    1. 共闘はキック機能が付いてすこし楽になりましたね
      RRは状況によってはシールド中にあてなければ効率が悪い場合もありますね 序盤のシールドに必殺撃つ奴はカスです