LEGENDS STEP-UP BEGINNING OF Z 排出SPキャラ比較 ドラゴンボールレジェンズ

刻の結晶×4100でSTEP7まで挑戦可能で、58体+SP確定チケット7枚。1度STEP7までプレイした後はSTEP3に戻ります。排出SPキャラは33種。

ステップ一覧

刻の結晶 STEP UP内容
STEP1 100 3連ガシャ
SP確定補助チケット×1
STEP2 300 5連ガシャ(EX以上確定)
SP確定補助チケット×1
STEP3 700 10連ガシャ
SP確定補助チケット×2
STEP4 1000 10連ガシャ(EX以上確定)
SP確定補助チケット×1
LEGENDSチケット×10
STEP5 1000 10連ガシャ
SP確定補助チケット×1
LEGENDSチケット×10
STEP6 1000 10連ガシャ
SP確定補助チケット×1
LEGENDSチケット×10
STEP7 無料 10連ガシャ

 

キャラ評価(募集中)

  • それな
  • いわゆる無課金キャラだが踏ん張り、交代バフ気力回復、再生特攻、体力回復などPvPでも腐りにくい性能。レジェンズロード強化...
  • 系譜はもう瀕死
  • フルフリ絶対コロスマン
  • フルフリ殺しメカフリーザの逆襲
  • 最新コメント

    質問

    ギルドメンバー募集

    フレンド募集

    リセマラおすすめ OR 人気キャラ

    1位 SP孫悟空:超サイヤ人ゴッドSS界王拳YEL

    実装時のステータスは全てがトップクラス。変身時間に制限があるがサイヤ人孫一族神の気と組み合わせも多いのが魅力。必殺強化できる効果も多くライジングラッシュのダメージも高そうだ。特に複雑な効果はないので初心者にもオススメ。変身時間が短く長期戦は不向き。

    2位 SPゴジータBLU

    場に出ているだけで必殺アーツの威力が上がるアビリティが魅力。カウント15で最大70%+までアップするので長く場にいさせる事でライジングラッシュ系のチャレンジも達成しやすいでしょう。また20カウントは与ダメージが40%+の状態になるのでカウント15~20の間はさらにダメージを稼ぎやすい。メインアビリティも変身と気力回復、変身後は必殺アートドローとわかりやすく初心者でも使いやすいはず。

    3位 SPブロリー:伝説の超サイヤ人BLU

    ZENKAI覚醒で強化され劇場版編、サイヤ人などで活躍の場が増えた。ステータスの強化だけでなく交代禁止や状態異常無効なども追加されている。

    4位 SP孫悟空:超サイヤ人RED

    ZENKAI覚醒で強化。カウント経過で悪の系譜への特攻が付与される。場に出た時の気力回復や特殊アーツでの気力回復、コストダウンなどでコンボを繋げやすくなっている。総合的な火力も上がっており、クリリンを戦闘不能にする事でさらに火力を増す事ができるのでイベントでも活躍の場が増える可能性もある。

    5位 SPトランクス:青年期PUR

    自身の火力も高く与ダメージだけでなく必殺ダメージを直接上げる事もできるのでライジングラッシュでの大ダメージも狙えそうだ。自身が攻撃するだけでなく交代時にベジータ一家、超サイヤ人を強化するアビリティがあるのも魅力だ。

    6位 SP孫悟飯:少年期:超サイヤ人2PUR

    ZENKAI覚醒にて再生特攻が付与され混血サイヤ人での構成などでPvPでも使いやすくなった。また再生に多い回復系の妨害も強化されている。混血サイヤ人、孫一族を強化できるユニークアビリティにも注目だ。

    7位 SPヒット:殺し屋YEL

    ZアビリティもBLU、YEL強化と使いやすくどの構成にも入りやすいのが特徴。自身のバフのみでも強力なので他のZアビリティでヒット自身は強化されていなくても活躍できる。やや耐久が低い。

    8位 SP孫悟空:超サイヤ人ゴッドSSGSSBLU

    メインアビリティでのバニシングゲージの回復など少し初心者には難しいポイントもあるが、体力や気力の回復や強力な究極アーツなどは魅力。戦闘に出す時間が多いほど強くなっていき、序盤は耐久も高い。

    9位 SP孫悟空BLU

    打撃攻撃力と打撃防御力が高い。究極アーツの「曲がるかめはめ波」はヒット時に味方の体力を回復できる。「エピソード:Zサイヤ人編」または「タグ:サイヤ人」がいると射撃攻撃力も大幅にアップする。味方への交代強化も持つ。

    10位 SP孫悟空:超サイヤ人3GRN

    バトル開始から40カウント経過後にコストダウンやドロー速度アップが発動する尻上がりタイプ。救出のカバーチェンジや特殊アーツでの射撃カウンター、属性不利無効化、ふんばりや不死の無効化など多彩だが初心者には扱いがやや難しそうだ。